Webライター

Webライターが未経験から月3万円を稼ぐための最短ルートを徹底解説

Webライターが月3万円を稼ぐための4ステップ

初心者Webライターが月3万円を稼ぐためには、つぎの4ステップをこなしましょう。

  1. クラウドソーシングサイトのタスク案件を3つこなす
  2. プロジェクト案件で文字単価1円未満に応募する
  3. 文字単価1円以上の案件に挑戦する
  4. 継続して仕事がもらえるよう工夫する

わたしもこれで月3万円を超えたよ!

①クラウドソーシングサイトのタスク案件を3つこなす

クラウドソーシングサイトには、おもにタスク案件とプロジェクト案件の2つの働きかたがあります。

プロジェクト案件のほうが高単価かつ難易度が高めで、Webライターとしての実績がないとなかなかお仕事がもらえません。

タスク案件は低単価だけど、難易度も低くてはじめやすい!

まずはかんたんに作業ができるタスク案件で、ちいさな実績をつくりましょう。

タスク案件は1件数円〜数百円と低単価なので、3つだけで問題ありませんよ。

②プロジェクト案件で文字単価1円未満に応募する

クラウドソーシングでの実績がつくれたら、プロジェクト案件への応募です。

プロジェクト案件はお仕事内容や報酬、納期などで希望の案件を探して応募、採用されたらお仕事開始という流れ。

まずは文字単価1円未満のお仕事から始めてみましょう。

ですが極端に報酬が低い案件は、消耗してしまうので避けます。

報酬のめやすは、文字単価0.7〜0.9円くらい!

③文字単価1円以上の案件に挑戦する

プロジェクト案件での実績もできたら、いよいよ文字単価1円以上の案件にチャレンジ。

Webライターとして稼ぐなら、文字単価1円以上は必須といえます。

5,000文字書いたら5,000円!

ステップ①②とは、収入アップのスピードが変わりますよ。

④継続して仕事がもらえるよう工夫する

文字単価1円以上のお仕事がゲットできたら、1回でおわらないように工夫するのがポイント。

記事の質が高かったり、お仕事が早かったりすると、クライアントから「つぎもお願いします!」と継続してお仕事がもらえることもあります。

これを継続案件といって、Webライターが安定して稼ぐには2〜3件の継続案件がほしいところ。

継続案件がもらえるコツは、以下のとおり。

  • 誤字脱字がないよう提出前に再チェック
  • マニュアルやルールを守った記事作成をする
  • 連絡はできるだけ早く返し、24時間以内にはかならず返信する
  • わからない部分は早めに確認する(先に聞けば修正の手間も減るよ)
  • 納期よりも2〜3日早く提出する
  • ブログをつくってワードプレスを使えるようにする

ここまでできれば、継続案件がもらえるだけでなく単価アップも期待できますよ。

まとめ:初心者Webライターでも月3万円は稼げる!

初心者Webライターから月3万円稼ぐまでの、4ステップをご紹介しました。

最後におさらい!

  1. クラウドソーシングサイトのタスク案件を3つこなす
  2. プロジェクト案件で文字単価1円未満に応募する
  3. 文字単価1円以上の案件に挑戦する
  4. 継続して仕事がもらえるよう工夫する

まったくの未経験でも、Webライターで月3万円を稼ぐのはむずかしくありません。

あなたもさっそく、チャレンジしてみましょう!

-Webライター